ホーム > 学校紹介 > 学校長挨拶・児童会から

学校紹介

学校長挨拶・児童会から

学校長挨拶

学校長

平和学園小学校は子どもと先生の笑顔であふれる学校です。休み時間の校長室は、うさぎと戯れる子どもたちの笑い声であふれます。そこに集まる子どもたちの学年はバラバラ、まるで兄弟姉妹のようです。そのような風景が、校内のあちらこちらで見られます。
また、平和学園小学校の先生たちは優しいまなざしで子どもを見守り、教育環境を整えます。キリストの生き方にならい、平和をつくり出す人としての理想を掲げ、心豊かに子どもたちに寄り添いながら、子どもたちと共に学校生活を積み重ねていきます。
創立者の賀川先生と村島先生は平和を求め、願い、祈り、そして隣人を自分のように愛することを大切な教えとし、平和学園を創立しました。その教育理念を受け継ぎ、子どもも大人も与える喜びを知り、人の喜びを自分の喜びとする生き方を実践している学校です。

学校長 橘 明子

児童会役員のあいさつ

jidou01.jpgjidou02.jpg

平和学園小学校は一人ひとりが充実した学校生活を送れる場所です。少人数なので、学習でわからないところがあっても、すぐに聞けます。そして、問題を解けた子がわからない子といっしょに考えます。行事では自然とふれ合ったり、学年を越えていっしょに遊んだりし て、自分を高めることができます。先生と児童も仲良く遊べて、悩みも気軽に相談できます。
 私たちはそれぞれ転入してきました。入る前はとても不安でしたが、すぐにたくさん友だちができました。私たちはこんなに優しい学校で過ごしています。それは学校の一人ひとりが平和について深く考え、自分の意見を持っているからです。それは、毎日の礼拝やお祈りで神様の声を聴いて過ごしているからだと思います。
 今年度、私たちは児童会会長・副会長として、みんなの力を借りながら協力して児童会活動を進めています。他学年の結びつきがさらに深まって、みんなの笑顔がますます広がるように頑張っていきたいです。これからもみんなでお祈りし、楽しく遊んだり、時にはけんかもしたりしてお互いを知り、きずなを深め合っていきたいです。そして、みんなが生き生きと自分らしく過ごせる、今まで以上に笑顔あふれる学校にしていきたいです。

2021年度 児童会会長・副会長