ホーム > 平和学園からのお知らせ > 「2012年2月」の記事一覧

平和学園からのお知らせ

2012年2月の記事一覧

12年02月21日

ドルカス 宮城県石巻市での活動報告

ドルカス 宮城県石巻市での活動報告  中学・高校ボランティア団体ドルカスが、第2回目の宮城県訪問をしました。前回訪れた「ひまわり保育園」に、クリスマス献金をお渡しし、園児達と交流(ペープサート公演)の時を過ごしました。その折の生徒たちの感想文を、二つご紹介します。   =自分にできるボランティア=  東日本大震災が起こり、報道を聞く中で「何か自分にできることはないか」「被災地を訪れたい」ずっとそう思っていました。そして9ヶ月後にして初めて、ドルカスの皆さんと共に被災地を訪ねる機会を与えられました。  私が今回一番強く感じたことは、自分にもできるボランティアがあるということです。実際に被災地に行き、目で見て、被災地の方や …続きを読む

12年02月20日

パイプオルガン・チャリティー・コンサートに、お礼状が届きました

 昨年12月10日に、本学園で催されましたパイプオルガン・チャリティー・コンサートには、東日本大震災復興支援のための義捐金がたくさん寄せられました。本当にありがとうございました。  今月に入って、本学園同窓会事務局が、コンサートの奏者である後藤香織様(石巻市遊楽館オルガン指導者)に"音楽活動のために"と義捐金をお届けしましたところ、本日、後藤様そして遊楽館で学んでいる皆様から、御礼のお手紙が届きました。献金をしていただいた皆様に心より感謝いたします。 …続きを読む

12年02月 8日

アレセイアの輝き 第112号

『安息日に麦の穂を摘む』 アレセイア湘南中学校教諭 松島恵里   「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない。」(マルコによる福音書2章27節)    キリスト教は、ユダヤ教から分離独立した宗教です。主イエス・キリストは、自分の父親は、神であるといいました。そして、主イエスは、ユダヤ教の父なる神は自分の父親であると言ったために、ユダヤ教の指導者たちから神を冒涜したと非難され、十字架にかけられました。  ユダヤ教の指導者たちが重んじているものはモーセの十戒です。神がモーセを通して、人間に律法を与えました。それが、モーセの十戒です。モーセの十戒は知ってい …続きを読む

12年02月 6日

「平和を考える」 ハンドベルの響きが!

「平和を考える」 ハンドベルの響きが!  2012年2月5日、茅ケ崎市民文化会館小ホールに、平和を考える市民の皆様を前に、ハンドベルの優しく静かな音色が館内中に響き渡りました。    「映画『二重被曝 語り部山口彊の遺言』と未来を奏でるコンサート」という催しは、"平和を考える茅ケ崎市民の会実行委員会"が企画しました。今回は、『二重被爆 語り部山口彊の遺言』の上映と『未来を奏でるコンサート』、そして従軍カメラマンであったジョー・オダネルの『トランクの中の日本(広島・長崎)写真展』と通して、平和をともに考えていく企画でした。    本校のハンドベル部は、『未来を奏でるコンサート』の午後の部に、文教大学アカペラコーラス …続きを読む

12年02月 3日

聖書と教育実践 第2号  学園長

聖書と教育実践 第2号  学園長 「かまえ」の基本は、誘惑されたイエスの中に   ルカによる福音書 4:1~13 悪魔はあらゆる誘惑を終えて、時が来るまでイエスを離れた。  イエスは、荒れ野の中を霊によって引き回され、40日間、悪魔から誘惑を受けられた。イエスの心境やいかであっただろうか。しかしその時、イエスには『主の存在』のみが脳裏あったと聖句から汲み取れる。ここにイエスの凛とした姿勢が感じられる。その結果、「悪魔は時が来るまでイエスを離れた」と書いてある。凛としたイエスの姿勢に、私達が子どもに対応する時の「かまえ」(心の中に描く凛とした姿勢)の基本がありそうな気がしてならない。   かまえ  私は、子ど …続きを読む