ホーム > 進路情報 > GUシステム

進路情報

GUシステム

GMARCHや日東駒専が目標

「GU」とは"grow up"の略で、「成長する」という意味です。進路につなぐ学習サポートのことを指します。
「GUセミナー」と「GUサポート」を中心にした受験指導体制で、通常授業での学びの上に実力を積み重ねて希望の進路をめざします。特進選抜コースは2年次まで必修、進学特化・進学コースは希望制です。セミナー受講者は模擬試験も必修です。 ※入学後のテストによる選考があります。

図

GUセミナー

土曜日や放課後、夏・冬・春休みに行う受験対応型講座

「土曜セミナー」「放課後セミナー」「夏季・冬季・春季セミナー」と、1年間継続する講座です。セミナーでレベルアップを図りながら、模擬試験で自分の力を試します。模擬試験の後は、学習ポートフォリオを用いて弱点を確認し、どの部分に重点を置いて学習していけばよいのかを考えます。

  • ●土曜セミナー1年生・2年生[国・英・数]
    土曜日の午前中に行われる1・2年対象のセミナーです。授業の発展学習から大学入試センター試験など入試対策演習を学年に応じて行います。
  • ●放課後セミナー2年生[古典]3年生[国・英・数・理・社]
    主に3年生を対象に、一般入学試験対策としての問題演習に、平日の放課後90分、毎日行なっています。
  • ●夏・冬・春季セミナー
    土曜、放課後セミナーの延長として、夏・冬・春休み中に約20日間行います。

GUサポート

大学や入試問題を深く知り、意識と意欲を高めます。

高校1年次から大学見学会や大学研究会に参加することで、大学や入試問題について知り、目的意識を持って授業や進学準備学習にのぞむことが出来ます。

  • ●模擬試験と解説授業
    必修の模擬試験は3年間で13回。3ヶ月ごとに学力チェックを行ないます。試験前には過去問練習、試験後には解説授業があり、模擬試験をやりっぱなしにさせません。
  • ●GO!GO!大学見学会
    早稲田大学・慶應義塾大学・横浜国立大学などにチャーターバスを利用して見学に行きます。早い段階から大学を知り、目的意識の向上を図ります。
  • ●センター解説授業週間
    大学入試センター試験実施後、一週間にわたって解説授業を行なっています。開講される講座は5教科10講座。1年生から参加できます。

このページの先頭へ