ホーム > 学校紹介 > 校長室から

学校紹介

校長室から

校長写真

「地球市民として!!」 アレセイア湘南高等学校

校長 武部 公也

2017年度アレセイア湘南高等学校は196名の新入生を迎えました。

1. はじめに
 新入生の皆さんご入学おめでとうございます。いよいよ2017年度が始まりました。
 私は学校長の武部公也(たけべ きみや)と申します。茅ヶ崎市内の公立中学校の校長から本校に着任して5年目を迎えました。特に、この学園に移ってからは、グローバル教育カリキュラムを作成しながら、そのプログラムを推進する役割を担ってきました。そして、今は若い先生方と授業づくりに取り組んでいます。
 大きな希望を胸に、ちょっぴり不安を抱えながら入学してきた196名の新入生の皆さん、今日からアレセイア湘南高等学校の大切な一員として、失敗を恐れずに前向きにチャレンジしてください。君たちの成長を私たち全ての教職員が誠意を持って支援していきます。

2. 高等学校総合学習カリキュラム
 昨年度は、本学園が創立されて70周年を迎え、それを契機に3年間かけて幼稚園から高校まで一貫したグローバル教育カリキュラムを開発しました。昨年度からは「小さな平和」から「大きな平和」をコンセプトに、様々な体験と新しい学習スキルをリンクさせた多様な教育プログラムを実践してきました。主に、高等学校では、1~2年次では「国際協力学習」や「多文化理解」に重点をおき、青年海外協力隊OB・OG、海外からの留学生、NGOスタッフと交流する中で国際協力などの意味を考えます。また、JICA横浜を利用したワークショップ、都内のNGO事務所への訪問などでグローバルイシュー(地球的な課題)を追究します。さらに、明治学院大学横浜キャンパスや東海大学湘南キャンパスで、大学の先生方からも専門的な講義を受けます。そして、高校3年次では、それまでに追究してきたグローバルイシュー(地球的な課題)を各自が日本文や英文に纏めて発表します。そして、この3年間で、将来、世界平和に貢献する「人間力」を高めていきます。地球市民としての資質を育むのが本校の使命です。

3. 英語教育、国際英語塾
 充実したグローバル教育は本校の特色です。それに伴い、グローバル社会の中で自分の考えや意見を発信していくためのツール(「道具」)としての英語の充実を図っています。高校1年の英語の授業(コミュニケーション英語)では、週1時間全てのクラスを二分し、各グループにネィティブスピーカーを導入し、日常的に英語に接することができるようにしています。「使える英語」を目標に授業内での強化に取り組んでいます。
 また、7年目に入る国際英語塾の取り組みも同じ考えに立ち、さらに英語を日常化しています。本来、国際英語塾は高校から3年間のカリキュラムです。入塾試験に合格すれば毎週2日放課後に75分間の生きた英語をネィティブスピーカーから学ぶことができます。この特典をぜひ活用して欲しいと思います。このように、本校ではネィティブスピーカーの授業を積極的に取り入れ、日常的に英語に接しています。そして、高校2年生での英国語学研修では、英国ウェールズ地方にあるバンガー大学を舞台にして、その蓄積された英語力を試すことになります。また、夏休みに実施されるオーストラリア語学研修は、豊かな大自然に囲まれた環境の中で、ホームステイをしながら自分の英語力をさらに磨くと共に、多文化理解を深める機会になっています。

4. 海外研修
 英国語学研修とオーストラリア語学研修については前述しましたが、それ以外にも海外研修が設定されています。高校2年では、シンガポール・マレーシアと台湾の2コースに分かれて海外研修を実施します。どちらのコースにおいても、現地の家庭でのホームステイや現地の高校生・大学生との交流が含まれています。この海外研修は、前述した高校1~2年にかけての総合学習と連動し、十分な事前学習を基礎として実施しています。本学園の「いつでも どこでも 誰とでも 協力できる社会」のメンバーの一員を目指すグローバル教育の実践の場となっています。その体験や事前学習を基礎として、本校の生徒たちは、将来において、言語、宗教、文化、慣習などの違う世界の人々とチームを組んでグローバルイシュー(地球的な課題)の解決に取り組んでいくのではないでしょうか。

5. 生徒礼拝
 聖書の教えを建学の精神とする本校では、毎朝の礼拝で讃美歌と聖書朗読に続き、多くの近隣教会の牧師や本校の先生方の説教や講話を聴く機会があります。この礼拝は、生徒たちにとってキリスト教を理解する重要な場面であると共に、話をしっかり聞く習慣(傾聴)が養われていきます。この習慣も、広い世界の中で、様々な違いを抱える相手の意見や考えを聞く上で大切なスキルになるのではないでしょうか。この「聞く」力こそ、これからの世界平和を築くための第一歩になると思います。

6. おわりに
 アレセイア湘南高等学校は「知性と品位」のバランスのとれた生徒の育成を目指しています。「知性」は前述した多様な体験や学習を通して向上を図っています。「品位」は本校創立以来の毎朝の礼拝と聖書の学びから身につけています。
 本校の生徒たちは、伸び伸びと、明るく楽しく、たくましく活動し、その蓄積を肥料にして、学習に集中し進路を切り開いていきます。今春も、現役で次々に希望する大学の合格を勝ち取りました。慶応大学、国際基督教大学、東京理科大学などの難関私大へも進学いたしました。詳細はホームページ内の進路結果をご覧ください。しかし、本校は単に進路結果だけを求めているのではありません。本校では、皆で力を合わせながら向上していく「風土」を大切にしています。個性の違う生徒たちが、授業、行事等を通して奏でるハーモーニーがアレセイア湘南高等学校の特色です。今年度も多くの学校行事では様々な企画を予定しています。ぜひ、ご来校いただき、生き生きとした生徒や学校の様子をご覧ください。

最新のアレセイア通信はこちら

このページの先頭へ