ホーム > 学園概要 > 学園の沿革

学園概要

学園の沿革

建学の精神

学園の建学の精神は、キリスト教信仰にもとづき、自由で平和であたたかい愛の学園をきずき、神を信じ隣人を愛する人、真の平和をつくるまことの人を世に送り出すことである。

学園聖句

平和をつくりだす人たちはさいわいである(マタイによる福音書5章9節)

概要

1917年9月24日 白十字会林間学校設立(日本で初の医療と教育を備えた虚弱児のための寄宿制私立小学校)
1946年4月27日 平和女学校開校(白十字会林間学校内に平和学園が創立され、平和学園の創立記念日となる)初代理事長に賀川豊彦。校長は、林間学校校長村島帰之が兼務する。
1947年4月1日 平和中学校に改称し男女共学校として発足
1948年6月1日 平和幼稚園開設
1949年6月1日 平和高等学校開校
1949年7月31日 平和学園高等学校・中学校・小学校・幼稚園と校名変更
1951年3月10日 私立学校法により、財団法人白十字会平和学園は組織を変更し、学校法人平和学園として白十字会林間学校より独立する。理事長に賀川豊彦 学園長に村島帰之が就任
1957年4月1日 男子生徒募集停止し、中学・高校は女子高となる
1981年4月1日 中学校生徒募集を停止
1994年4月1日 中学校を女子校として再開
1999年4月1日 アレセイア湘南中学校と名称変更し併設型6年制男女共学校となる
2000年4月1日 アレセイア湘南高等学校名称変更し併設型3年制男女共学校となる

このページの先頭へ