ホーム > れんらく帳 > なわとびで寒さをふきとばそう!

れんらく帳

2016年1月22日

なわとびで寒さをふきとばそう!

今年のお正月は、小春日和のような陽気であたたかく過ごすことができました。

このまま、春を迎えるのかと思っていましたが、甘かったですね。

冬はちゃんと到来しました。

今週の寒さは、骨身にしみました。

12月からぽかぽか陽気が続いてきたので、体が冬の寒さに慣れていないのです。

急に厳しい本格的な寒さを迎えたので、体もびっくりしていることでしょう。

これからは、インフルエンザが流行る季節でもあります。

風邪をひかないように、うがいや手洗いを慣行しましょう。

 

ところで、こんな寒さもなんのその、2年生は寒さをものともせずに外で遊び回っています。

今週のクラスブームは、なわとび検定です。

私が検定を見るのは、朝の休み時間、20分休み、お昼休みの1時まで、放課後です。

どの時間帯も、なわとび検定のチャレンジャーでいっぱいです。

何が子どもたちをこんなに夢中にさせるのでしょう。

それはきっと、出来ないと思っていたことが練習することによって出来るんだ、ということに気付くところに喜びがあるのでしょう。

なわとび検定は、実によく出来ている検定です。

いろんな跳び方がたくさんありますが、8級から段階を追って少しずつ難易度が上がっていきます。

でも、それぞれの跳び方にはつながりがあるので、ひとつ出来るようになると、次の技もできるように組まれています。

例えば、あやとび→交差サイクル→あやサイクル・・という具合です。

 

子どもは、飽きることを知りません。

どんなに寒くても、足が痛くなっても、何度も何度もチャレンジします。

そして、そんな子どもたちの姿は、見ていて全く飽きません。

それは、チャレンジしている子どもたちの姿が輝いているからです。

小さな達成感を重ねて大きな自信につなげていってほしいと願っています。

2年学級通信「ひつじだより」より