ホーム > れんらく帳 > 平和学園小学校を背負っていく5年生!

れんらく帳

2016年1月21日

平和学園小学校を背負っていく5年生!

今週初めに、来年度児童会役員選挙の呼びかけが全体になされました。

「どんな思いで、どのくらい立候補者が出るか楽しみ!」という期待8割、「5年生は勇気を出して一歩前に踏み出せるか?」という不安2割、そんな気持ちでその呼びかけを聞いていました。

6年生の現役員と学級委員からなる選挙管理委員会の本部は、理科室前のスペースに設置されています。

立候補者はそこに届を出すことになっているのです。

立候補受付初日の月曜日、昼休み、Sくんが私のところにやって来て一言。

「立候補しました。演説文を書く原稿用紙ください。」

その後も続々と報告に訪れた5年生。

現段階で、男子4人、女子3人、合計7人が立候補しています。

まだ迷っている人もいるでしょうから、もう少し増えるかもしれませんね。

これからの小学校を背負ってがんばろうという気持ちが一人ひとりにあり、勇気を持って行動した5年生の様子が窺え、とっても嬉しくなりました。

もちろん立候補が全てではありません。

例えば

「自分は〇〇委員会の委員長になりたいんだ。」

とか

「立候補はしないけれど、応援演説で盛り上げたいんだ。」

などといった思いも重要な力です。

とにかく全員で平和学園小学校を背負っていくんだという思いが持てるような雰囲気作りが必要なのです。

その意味では、今回の選挙、いいスタートを切れたと感じます。

選挙ですから、もちろん結果がついて回ります。

当選すれば嬉しいし、落選すれば悔しいし。

でも、それら全てが必要ですし、全てが一つの力になってこそ、このクラスが最上級生として何かを担っていけるのだと思います。

立候補した子のことも、しない子のことも、応援しています。

選挙は来週公示され、その翌週に演説会と投票が行われます。

楽しみつつ、期待しています。

5年学級通信「碇」より