ホーム > れんらく帳 > きれいな○○

れんらく帳

2016年1月15日

きれいな○○

今日礼拝の後、保健委員会からの報告がありました。

石鹸を作ったので使ってくださいというお知らせでした。

作業のよすなど、担当の養護教諭の水野先生に紹介してもらいました。

・・・・・・・

かぜやインフルエンザが流行するこの時期に、保健美化委員会では手作りの石けんを作って手洗いを呼びかけます。

水が冷たく感じる冬は、ついつい手を洗う時に速く済ませてしまいたくなります。

この手作り石けんは、なんだか宝石のようでとてもきれいです。

IMG_6853.jpg

新しい石けんで、水の冷たい冬でも楽しく手を洗ってほしいと思い、みんなで作りました。

家では液体や泡の出てくるポンプ式の石けんを使っている人が多いと思いますが、石けんを泡立てて手を洗う習慣をつけてほしいと願って、平和学園小学校では固形石けんを使っています。

 

この石けんを作るのは、とても簡単です。

クリアソープのもとを電子レンジで溶かして、溶けた液体をすきな型に流し込み、あとはそれを冷やして固まるのを待つだけ!

 

途中、手に石けんのもとがついて、手を洗いに行くと「この石けん、気持ちいい!」と言って楽しそうに石けんを泡立てて手を洗っている人もいました。

保健美化委員のみんなも、自分たちで作った石けんで手を洗うのを楽しみにしているようでした。

 

平和学園小学校のみんなが、寒い冬も「手洗い・うがい」でかぜをひかずに元気で過ごしてくれますように。